Windows10mobile搭載スマホ KATANA01 開封の儀

手を広げすぎたので縮小しようと画策しているおきんです。

Windows10mobile(以下W10M)搭載スマホ、FREETELのKATANA01を購入しました。

ビックカメラで実機みてKATANA02と迷いましたが、デザインとサイズ艦でKATANA01に決定、即買いしました。

image

まずは箱から見ていきます。

image

箱に2つの箱が収まっておりスライドして引き出す形です。この三つは一番底に近い箱の絵柄から一番外側に当たる箱の絵柄になるにつれてタイルが埋まり完成していく感じがでています。

image

出てきた二つの箱のうち薄い砲が背面のカバーと保証書などの紙が入っていて厚い砲にはKATANA01本体とバッテリー、充電器が入っています。

最近では数を減らした”上部にmicroUSBコネクターを配置したスマホ”で最近のものと差し込む方向が違うので注意が必要です。

またSIMスロットは両方LTE3Gに対応しています。(同時通信は不可)

image

初期設定はざっとこんな感じ(このときWi-Fiもモバイルデータ通信も使えなかったのでMSアカウント設定は飛ばしました。)

image

image

image

image

image

基本性能の確認(周波数太字は各社のメインバンド)
CPU Snapdagon210
メモリ 1GB RAM
ストレージ 8GB
画面 4.5インチ /解像度 FWVGA(854 x 480)
無線 Wi-Fi(b/g/n)/Bluetooth4.0
LTE 2100MHz(B1/docomo・au・SB)/1800MHz(B3/docomo・au・SB(Y!))/900MHz(B8/SB)/800MHz(B19/docomoau・SB)

3G W-CDMA 2100MHz(B1/docomoSB)/800MHz(B6/docomo)/900MHz(B8/SB)/800MHz(B19/docomo(プラスエリア))

性能は特にCPUが貧弱で不安要素でしたが実際使ってみるとそこまでではないと思いました(ただ、多くの人にとってはKATANA01では満足できるパフォーマンスを感じられないと思います。理由は後述します。)

個人的にはIS12Tを使ったときと大体同じ様な印象です。ただブラウザであるEdgeが予想以上に進化を遂げていてかなり快適になっていると思いました。

ただW10Mスマホを買うならKATANA01ではなくドスパラのあれとかを買った方が幸せになれると思います。この機種固有の問題としてタッチパネルがちょっとあほの子です。

使って分かったこと
・Wi-Fiの固定IPに対応してない
→HPに書いてありました。W10Mの仕様っぽい。

・インターネットにつながってないWi-FiAPと接続中にモバイルデータ通信が使える

・いわゆるテザリングが勝手に切れる

・IMEがアホの子
→Msの方針転換を待つしかない

・ブラウザのタブが閉じにくい
→たぶん解像度のせい

・Snapdagon210だけどサクサク動く
→よけいなプロセスが動いていないからか?

・VPNはIPv6対応
→感動した

・ニコニコ動画はEdgeで見た方が軽い
→予想以上にレスポンスが良い

・Twitterはし易い
→MeTweetsというアプリが軽くてよかったです。

まとめ

SIMフリースマートフォンはSIMロック解除済みのL-01Dしかなかったのでちょうどよかったと思います。
W10MもIMEさえまともになればメイン運用も夢じゃない!

なお、アプリの充実度はからっきしなので自分でアプリを作るくらいの気合いを入れて使うことをおすすめします。

L-01DはLTEをつかむ条件が225Mbpsエリア(多分組み合わせBANDの片方だけはうまくつかめる)のみなので実質的に3Gと残念な上AndroidならF-01Fで間に合っているので今回の買い物で得た者は大きいと思います。

Okin_Japan
紹介

http://twpf.jp/Okin_Japan 名前:おきん やってること:Android向けTwitterclient開発(途中)など ガジェット:F-01F,L-01D,P-01Dその他 種別:猫 パソコンやガジェットや太鼓の達人について書いていく…予定。 独自ドメイン取得からは勢いよくサーバー関連に手を出してます。

カテゴリー: KATANA01, Windows, Windows 10 mobile, その他

コメントを残す