Dell XPS L502X(XPS15第二世代)でAndroidx86を動かしてみる【未編集】 

スマホの画面は小さいけど、タブレットを買う経済的余裕はない。
そんな時に使えるのが、パソコン用にビルドされた
Androidx86」です。
仮想化環境(VirtualBoxなど)で使いたい人向けには後日記事にします。
今回は直接PCにインストールしてみたいと思います。
ダウンロード
ここから
rootが必要ない人は「android-x86-4.3-20130725.iso」(最新版のテストビルド)を
rootが必要な人は「android-x86-4.2-20130228.iso」(最新の安定版)を
ダウンロードしてください。
dl-andr86.jpg
rootの必要ない人が何故最新版(4.3)のテストビルドを使うことを推奨しているかについては後ほど。
ダウンロードしたisoファイルをCDに焼きます。
USBよりもerrorが発生する可能性が低いです。
Google検索で「iso cd 焼く」を検索するなどしてもらえればわかると思います。
警告 ここから先にハードディスクの領域の大きさを弄ってインスコ領域を作ります。データを飛ばす覚悟をしてください。
また、androidx86標準の奴でやると多分たいていの人が写真解説無しでやるとwindowsなどが吹っ飛ぶと思います。
なのでできればpc ubuntu パーティション変更でGoogle検索などからGUIベースでパーティションを弄っておいてください。

焼いたcdをドライブに入れて起動します。
このサイトが参考になります。
起動したら、英語のメニューが出るのでそのままenterキーを押してください。
ヒント 自分のパソコンで正常に動かない箇所があった場合はググってみること
また、wifiとbluetoothはcdブート時正常に動かなくても実際にパソコンにインストールしてみると動くことがあります。

Okin_Japan
紹介

http://twpf.jp/Okin_Japan 名前:おきん やってること:Android向けTwitterclient開発(途中)など ガジェット:F-01F,L-01D,P-01Dその他 種別:猫 パソコンやガジェットや太鼓の達人について書いていく…予定。 独自ドメイン取得からは勢いよくサーバー関連に手を出してます。

カテゴリー: PC

コメントを残す